Let's try IoT プロトタイピング

健康管理や肌の乾燥を防ぐ仕組みを作ろう〜

​(GPS マルチユニット SORACOM Edition 利用)

Let's try IoT プロトタイピング
〜健康管理や肌の乾燥を防ぐ仕組みを作ろう〜

今では、小型デバイスの増加や低価格化、技術進化によるクラウド機能の充実に伴い、誰でも簡単にIoTシステムの構築を試すことができるようになりました。Let's try IoT プロトタイピングオンライン講座では、いつもの生活を少し便利に、少し楽しくする簡単にできるIoTの仕組みをご紹介します。

本講座では、新しく販売を開始した「GPSマルチユニット SORACOM Edition」を使いお部屋の温湿度を測定することで空気の乾燥状況を可視化する仕組みを作ります。学習可能な動画コンテンツを用意しています。是非ご覧ください。

概要

  • GPSマルチユニット SORACOM Edition の設定からセンシングデータの可視化を学ぶ

  • SORACOM Lagoon を使ったダッシュボードの作成と、タブレットやスマートフォンで情報共有する方法を学ぶ

  • 複数のセンシングデータの比較方法を学ぶ

  • GPS マルチユニットの紹介

  • センシングデータを SORACOM Harvest で可視化しよう

  • センシングデータを SORACOM Lagoon を使ってダッシュボードで表示しよう

  • GPS マルチユニット の利用例のご紹介

  • 簡単なIoTシステムの作り方を知りたい方

  • SORACOM サービスの使い方を知りたい方

  • デバイス側の設定不要なセンシングデバイスの使い方を学びたい方

  • 温湿度やGPSデータを取得する方法を学びたい方

  • PC(最新のGoogle Chromeが利用可能なこと)

  • GPS マルチユニット SORACOM Edition x 1 

  • SORACOM 特定地域向け IoT SIM (plan-D / ナノサイズ) x 1

  • SORACOM アカウント

学習内容

アジェンダ

対象者

必要機材

講師プロフィール

株式会社ソラコム テクノロジー・エバンジェリスト

松下 享平


株式会社ソラコムの事業開発マネージャーとして主にデバイスの企画を担当しながら、エバンジェリストとして、SORACOMサービスを企業・開発者により理解、活用いただくための講演活動を担当。90年代半ばの地方ISPの立ち上げをキャリアスタートとし、主にインターネットを取り扱ったシステムインテグレーターを経て、2000年よりぷらっとホーム株式会社にて、ネットワークインフラやEC事業を担当。2015年からはIoTソリューションをリードし、メガクラウドベンダーとの協業や、サブギガ/BLEを用いたIoTシステム構築といった業界の先駆的なIoT導入事例に関わる。2017年3月より現職。

イベントを終了いたしました

 

お申し込み

Copyright © 2015-2020 SORACOM, INC.

  • SORAZINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Amazon.co.jp
  • Youtube