Let's try IoT プロトタイピング

ドアの開閉をモニタリングしよう〜

Let's try IoT プロトタイピング 〜ドアの開閉をモニタリングしよう〜

今では、小型デバイスの増加や低価格化、技術進化によるクラウド機能の充実に伴い、誰でも簡単にIoTシステムの構築を試すことができるようになりました。Let's try IoT プロトタイピングオンライン講座では、いつもの生活を少し便利に、少し楽しくする、簡単にできるIoTの仕組みをご紹介します。

本動画では、ドアが開いた/閉じたタイミングを通知するシステムを構築します。今回のキットを利用することで、例えば自宅の見守り、ワインセラーの監視、鳥獣の罠の状態を可視化するといった応用が可能になります。

デバイスをご用意いただき、動画をご覧いただきながらすぐにIoTシステムを構築いただけます。

概要

  • ドアが「開いた」「閉じた」タイミングを通知する方法

  • SORACOM LTE-M Button Plus の基本知識

  • SORACOM LTE-M Button Plus と磁気リードスイッチの取り付け方法

  • ボタンクリックをきっかけにメールに通知を飛ばす方法

  • ドアの開閉モニタリングシステムを構築したい方

  • 磁気センサースイッチの使い方を学習したい方

  • 簡単なIoTシステムの作り方を知りたい方

  • SORACOM サービスの使い方を知りたい方

  • 接点入力ボタンデバイス SORACOM LTE-M Button Plusの使い方を学習したい方

  • PC(最新のGoogle Chromeが利用可能なこと)

  • SORACOM LTE-M Button Plus ※

  • 磁気センサースイッチ ※

  • ​接続端子台 ※

※IoT 体験キット 〜磁気センサー〜に含まれます

IoT 体験キット 〜磁気センサー〜

学習内容

対象者

必要機材

講師プロフィール

株式会社ソラコム テクノロジー・エバンジェリスト

松下 享平


株式会社ソラコムの事業開発マネージャーとして主にデバイスの企画を担当しながら、エバンジェリストとして、SORACOMサービスを企業・開発者により理解、活用いただくための講演活動を担当。90年代半ばの地方ISPの立ち上げをキャリアスタートとし、主にインターネットを取り扱ったシステムインテグレーターを経て、2000年よりぷらっとホーム株式会社にて、ネットワークインフラやEC事業を担当。2015年からはIoTソリューションをリードし、メガクラウドベンダーとの協業や、サブギガ/BLEを用いたIoTシステム構築といった業界の先駆的なIoT導入事例に関わる。2017年3月より現職。

Let' try IoT プロトタイピング~ ドアの開閉をモニタリングしよう〜​動画

本動画で利用するテキストはこちらをご覧ください

 

Copyright © 2015-2020 SORACOM, INC.

  • SORAZINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Amazon.co.jp
  • Youtube