logo_AI-Camera-Now_white.png
 

~AIカメラの使い方・実践編~

2022年5月26日(木)13:30~16:00

手軽に使えるカメラサービスも新たに登場!
AIカメラ活用のノウハウとは?

在庫(知る)、通行状況(数える)、計測器のメーター(見る)、生産品の仕上がり(調べる)。さまざまなものを映せるカメラは、近年急速に進化したAIや機械学習(ML)と組み合わせ、柔軟で万能なセンサーになります。


電源につなぐだけで利用できるAIカメラ「S+ Camera」は、軽量で簡単に設置できる屋内用のほか、夜間撮影可能なカメラ搭載の屋外対応版もご用意。商業施設等の混雑度チェックから、交通量調査、生産ラインや立ち入りが困難な場所の遠隔監視まで、幅広い業界や用途でお使いいただいています。
 

今回は、カメラの設置のノウハウや、インストールするだけですぐ使える各種アルゴリズムの様々なバリエーションについてご紹介。AIカメラの活用方法について、最新事例とともにゲストを招いてわかりやすく解説します。
また、5/18に発表した、手軽にお使いいただけるクラウドカメラサービス「ソラカメ」についてもご紹介します。

実際にお使いいただく際に役立つ情報が満載です。是非この機会にご参加ください。

イベント概要

  • 会期:2022年5月26日(木)13:30〜16:00

  • 開催方法:オンラインセミナー(Zoom・ライブ配信)

  • 申込:事前登録制、参加費無料

 
 

タイムテーブル

13:30-13:50

カメラ活用3つの壁と乗り越え方
~ソラコムのAI&カメラソリューション 

20190521_max.png

株式会社ソラコム

テクノロジー・エバンジェリスト

松下 享平

カメラが安価、手軽になったことで、現場のデジタル化が身近になりました。撮影した画像や動画は、映っている内容の解析や過去の振り返りといった「データ活用」が重要となります。
本セッションでは、カメラによるデジタル化の課題となる3つの壁と乗り越え方、どのようなシーンの時に何を使えばよいのかを、
ソラコムのAIとカメラソリューションのお客様事例と共に解説します。
また、5/18に発表した新サービス、初期費用2,980円、スマホ1台で始められ、5分で設定できるクラウドカメラサービス「ソラカメ」についてもご紹介します。

13:50-14:05

お客様事例:設置現場でのノウハウ

JR東日本情報システム_石原様.png

株式会社JR東日本情報システム
テクノロジー応用研究センター IoTテクノロジーグループ

エキスパート

石原 太郎 氏

現場の下見から電源の確保、画角の調整など、実際に設置し運用する際に直面する課題と、その解決のポイント、知見について、様々な実例とともにお話いただきます。

14:05-14:15

Q&A

セッション中にお客様からお寄せいただいたご質問にお答えします。

14:15-14:35

すぐに使えるアルゴリズム 実践編

Nobtuaka_Ishikawa_Full.jpg

株式会社AI Dynamics Japan

代表取締役社長

石川 信能 氏

「Package20™」は、通行量カウント・物体検出・禁止エリアアラートなど、利用ニーズの高いアルゴリズムを厳選、AIの知識やノウハウを持ち合わせずともご利用いただけるよう、お客様の“AI導入第一歩”を担う製品を意識し開発したサービスです。本セッションでは、そのラインナップとともに、代表的なアルゴリズムをピックアップし、詳しくご紹介します。

14:35-14:45

デモセッション:
S+ Camera + アルゴリズムを見てみようPackage20™ の活用方法

kanu.jpg

株式会社ソラコム

カスタマーリライアビリティエンジニア

加納 峻佑

Package20™ に含まれる「禁止エリア侵入検知アラート (Area Alert) 」は、指定した場所に人がいることを検知できる汎用性の高いアルゴリズムです。
今回は当アルゴリズムのユースケースとして、人を検知した際にパトライト社のネットワーク監視表示灯を光らせる方法についてデモを交えてご紹介します。

14:45-14:55

Q&A

セッション中にお客様からお寄せいただいたご質問にお答えします。

15:00-15:30

通常 9,800 円の 「Package20™」を無料で体験できる!
S+ Cameraトライアル ワークショップ

~アルゴリズム活用編~

kanu.jpg

株式会社ソラコム

カスタマーリライアビリティエンジニア

加納 峻佑

S+ Cameraは通信が内蔵されているため、遠隔からオンラインで操作することが可能です。

 

本ワークショップでは、オンライン且つ無料でご利用いただけるトライアル機能を使って、東京に設置されている S+ Camera Basic を講師の説明とともに操作いただきます。

トライアル機能では有料 (9,800 円) のアルゴリズム 「Package20™」 も無料で体験いただけます。今回は、Packege20の中からニーズの高いアルゴリズム「滞在人数カウント (Congestion Monitor)」を取り上げ、合わせてご紹介します。

S+ Camera と SORACOM サービスの組み合わせで実現する、画像の取得や設置後のソフトウェア更新の手軽さをご体験ください。

【必要な物】

  • パソコン(Google Chromeインストール済み)

  • SORACOM アカウント
     

【お申し込みにあたりまして】

  • 本ワークショップは抽選制とさせていただきます。ご参加いただけるお客様には、前日にご連絡させていただきます。

  • 当選後の無断キャンセルは、今後のイベントご参加をお断りさせていただく可能性がございます。ご了承ください。

  • SORACOMアカウントをお持ちのお客様のみ、お申し込みいただけます。アカウントをお持ちでない場合は事前にご登録いただき、作成されるオペレーターIDをフォームにご記入ください。

  • アカウント作成方法はこちら

  • ​オペレーターIDの確認方法はこちら

​※S+ Camera 無料トライアルは、SORACOMアカウントをお持ちであればいつでもお試しいただけます。詳細はこちらからご覧ください。

 

15:30-16:00

個別相談会
※希望者のみ・事前申込制

  • ウェブ会議にて、実施いたします。

  • 下記フォームにてお申し込みいただいたお客様には、別途ミーティングURLをお送りいたします。

  • 先着順のため、お申し込み多数の場合は、後日の対応とさせていただきます。ご了承ください。

     

申し込み